私達の出逢いは今から約11年前。

プラダを着た小熊

私達の出逢いは今から約11年前。
当時中学生だった私は学校帰りに同級生の親友の家に遊びに行き、そこでランドセルを背負った可愛い少年、当時小学生だった主人と出会いました。
親友の弟だった主人は、メガネをかけていてとってもシャイな少年。
何だか可愛くて、『大きくなったらお姉さんと結婚しようね!』なんてからかったりしていました。
その度に主人は首を傾げ、ただただ笑ってました。

それから時が過ぎ、親友が家を出てから会う機会が無くなった私達でしたが、私が23歳、主人が20歳の時に偶然再会。
久しぶりに見た可愛い少年は、仕事着をピシッと着こなした立派な大人の男性へと成長していました。
メガネもコンタクトに変えたらしく、顔付きも頼もしくなっていました。
それを見た私は《親友の弟》では無く、《一人の男性》として一目惚れしてしまいました。

その日から連絡を取るようになり、初めて2人で映画を見に行った次の日の夜、『これは昔言ってた冗談とは違うよ。本気で私と付き合って下さい。』と伝えた私からの告白メールをキッカケに交際スタート。
去年8月にめでたく結婚しました。
交際を報告した時は大反対していた親友も、今では超仲良しな義理のお姉さんになりました。

大好きなゆう君へ。

初めて出会ってもう11年。結婚して1年が過ぎました。
昔のこと、今思い出しても何か笑っちゃうね。
今でもまだ信じられないよ。
あの時笑いながら言ってた冗談が、まさか本当になるなんてね。
こんなにも頼もしくて優しくて、私の事を誰よりも大切にしてくれて…
あんなに小さくて可愛いかったゆう君が、今では大きな腕で私を包んでくれる。
ねぇ、出逢ってくれてありがとう。
親友の弟でいてくれてありがとう。
これからもずっとずっとゆう君の成長を、誰よりも近くで見ていさせてね。

いつもお仕事ご苦労様です。
あかねより。